2009年11月07日

クトゥルージャパネスク

HPラウ゛クラフトにより生み出され、後のホラー作品に多大な影響を及ぼしたクトゥルー神話。
 
その影響力は日本にも及び、ウルトラQとか菊地秀行の魔界都市シリーズなんかが生まれました。
 
そんな中でも極北とされる「斬魔大聖デモンベイン」という作品があります。
 
もとは18禁PCゲームで、コンシューマ版、続編等結構な展開を見せました。
 
 
もともと異種交配や触手輪姦といったセクシャルな要素を多く含んでいたため、クトゥルー神話とエロは相性がいいとされていました。
出海まことの邪神ハンターとかね…
 
コアなファンからは外方を向かれつつも、クトゥルー+美少女+スーパーロボットという奇跡の化学反応は日本ならではということで、新たな平野を開拓し、一定の評価を得ているようです。
 
 
 
 
が、今日それをぶっちぎるような一冊を発見しました。
 
これです。
 
 
 
戸田で見た瞬間、私のSAN値はマイナスになり、気付いた時にはお買い上げしていました…
 
中は表紙ほどエロくはないですが、
「その発想はなかったわ」の連続です。
メイドの形になって買い物してるショゴスとかもうねw
 
もともと小説からだいたいこんな姿と想像された邪神達を、さらにイラストレーターの妄想力で萌キャラへと転化させています。
 
もしイラストレーター陣の戦闘力がもっと高かったら、3冊お買い上げさせられていたかも知れない…
こういう本はあんまり有名な人書いてくれないけど…予算がないのだろうか?
 
性分で、こういうのは一個ツボにはまってしまうとヤバいんだよなぁ…
 
 
妖怪辞典とかほしくなってきちゃった
posted by リアルディール at 21:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あー、これねw
俺も戸田で平積みされてて気になった

全部小畑健に描かせたらすごそうだw
Posted by 来夢 at 2009年11月08日 00:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132278805

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。